新コロナウイルスの 私たちの働き方を変えました 影響により 働き方も職場空間も変革を求められています。

経営層を始め、経営企画や人事総務は、新たなビジネス環境に対応するため、迅速且つ的確にに、勤務体系やオフィス床面積の適正化を実施することが求められています。

従業員、企業のニーズを共に充足するための「働き方の未来」を設計する上で、経営者はどのようにワークプレイス戦略を立案、実行、検証すべきでしょうか

データドリブン 且つ従業員起点
のワークプレイス構築

オフィスや従業員、IT設備への投資効果を最大化するためには、データの裏付けを取りながら、継続的にワークプレイス戦略を見直していくことが欠かせません。Humanyzeは、長年に渡るMITでの研究成果を凝縮して、従業員の協働パターンやワークプレイスニーズを定量化し、次のような問いに答えることが可能になります:

科学に裏打ちされた従業員ニーズと企業目標達成バランスの最適化

部署間の協働パターンに基づいた在宅型、ハイブリッド型、出社型勤務体系の決定

生産性向上に寄与するワークプレイスニーズの特定

限られた座席数で部署間連携を最大化させるための出勤スケジュール調整

客観的な行動指標によるビジネス・従業員への影響度継続測定

の特徴

ワークプレイス戦略

正常に調整 企業の不動産、HR、およびあなたとしての管理努力 計画、最適化管理 組織に最適な職場戦略:

計画

科学に裏打ちされた洞察を用いた従業員コミュニケーションおよび経営判断・実行

  • 任意の属性 (拠点, 部署)で絞り込み・分析
  • コラボレーションの必要性に応じて座席数を調整 (場所、チーム、または部門)
  • 部署間のコミュニケーション依存関係より、部署毎の出社推奨度を判定

最適化

ワークプレイス施策の継続的な効果検証・改善

  • 属性毎にオフィスの活用率を可視化
  • 出社状況を基にした適正座席数の予測
  • 出社社員によるコラボレーション状況のモニタリング
  • オフィス活用率や協働状況に応じて座席数や出社ルールを最適化

管理

部署毎にワークプレイス施策の影響度を定量化・モニタリング

  • <span class="db-color">チーム毎の推奨出社スケジュール</span>の確認
  • 業務上最もコミュニケーションが必要とされる「コラボレーター」の出社状況に合わせた協働の最大化
  • 上位コラボレーターとのコミュニケーションチャネルの可視化
  • 同拠点(オフィス)社員との協働状況の定量化・ベンチマーク比較

コラボレーションプロフィール

チーム毎のワークプレイス・コミュニケーションニーズの把握によるエンゲージメントおよび生産性の最大化

  • 誰と・とこで・どのようにコミュニケーションを取っているかを基に部署毎 , コラボレーョンパタ ーンを類型化
  • プロフィール(タイプ) 別に最適なコ, ラボレーション, スタイルやオフィス & 環境、テクノロジーを推奨

デモを予約する

貴社のワークプレイス戦略を
見直しませんか?