組織行動とは何ですか、なぜそれが重要なのですか?

最も成功しているビジネスリーダーは、従業員の生産性を向上させるだけでなく、職場での経験や仕事の満足度を向上させることによって、パフォーマンスを向上させる方法と戦略を継続的に模索しているリーダーです。 これは、従業員が互いにどのように相互作用し、経営陣がどのように相互作用し、何が彼らを動機付けるかを理解することによって達成できます。 これを行うXNUMXつの方法は、個々の従業員、チーム、および管理職の間の相互関係を調査して、最も効果的な労働者を際立たせるものを特定することです。

これは本質的に組織行動のすべてです。

組織行動は、組織の設定でグループと個人の間で発生する行動のダイナミクスを説明します。 次のXNUMXつの要素は、組織行動を研究するための鍵です。

  • のワークプ
  • Structure
  • 採用されている最新技術
  • 社会システム
  • 環境

これらの要素とそれらの動的な相互関係を理解することで、ビジネスリーダーは、トレーニング、継続的な開発、コラボレーション、および従業員プロセスに関する戦略を通知することにより、従業員の生産性と成功を向上させるための短期および長期の目標を達成できます。

組織行動を研究することの重要性

中核となるのは、組織行動論が、従業員やチームの働き方に影響を与える社会的および環境的要因の影響を分析することです。 人々が相互作用し、コミュニケーションし、コラボレーションする方法は、組織の成功の鍵です。 これらのパラメータを分析して理解することにより、組織行動を活用して、 従業員の有効性と効率性。 また、次の組織的および労働文化の目標を達成するのにも役立ちます。

より良い通信チャネルとプロトコル

個々の従業員は、職場の構造や組織の文化、価値観、目標に応じて、さまざまなコミュニケーション方法に対して異なる反応を示し、特定の方法で行動します。 彼らは、彼らの行動の強みを反映するチームメイトやマネージャーとよりよく調和する傾向があります。 そのため、組織行動を鋭敏に把握することで、中間管理職はより効果的なチームを構築し、最前線の従業員とのコミュニケーションを向上させることができます。

組織行動の研究から得られた洞察を活用することで、従業員が独裁的または支援的な管理モデルに対してより適切に対応するかどうかを理解するのに役立ちます。 これにより、従業員が最高のパフォーマンスを発揮できるようにするためのポリシー、コミュニケーションチャネル、およびインセンティブをしっかりと把握できます。

快適な職場環境

組織行動分析の主な利点のXNUMXつは、従業員に適した職場環境を作成することです。 今では多くの従業員がいます 在宅勤務、ビジネスリーダーにとって、シームレスを促進するために前向きで力を与える仕事の設定を作成することが重要です チームのコミュニケーションとコラボレーション。 そのため、組織行動の研究は、パンデミックや市場の力の変化などに起因する混乱や課題に適応しようとしている企業にとって不可欠です。

管理スタイルに影響を与える

賢明なビジネス データを使用して意思決定を推進する 彼らの企業構造の形成について。 経営陣が常に従業員の肩越しに目を向けていることは、不信感を示し、マイクロマネジメントを生み出し、否定的な職場文化につながります。

組織行動分析を通じてこの傾向を観察することにより、多くの企業は、従業員がタスクを実行する方法や誰と協力するかについてより自由にできるように、よりフラットで線形の(階層的ではなく)構造を採用しています。 このような構造は、従業員間の固有の違いを認識し、従業員がより大きな声を持ち、自分自身、チーム、およびより大きな組織に影響を与える意思決定に貢献できるようにします。 また、ビジネスリーダーは、従業員とのコミュニケーション、信頼、透明性に根ざしたより強力な関係を構築できます。

勝利者戦略の構築

従業員は、前向きな文化と魅力的な職場環境を備えた組織で働きたいと考えています。 彼らはまた、組織の目標と目的を達成するために働きながら、他の従業員や経営陣と仲良くしたいと思っています。 課題は、信頼、オープンなコミュニケーション、シームレスなコラボレーションを促進すると同時に、個々の従業員や特定の職務の固有のニーズに応える職場を作ることです。 の作成 勝利者戦略 ビジネスリーダーは、従業員との相互作用の方法を定義し、従業員と労働文化の発展を育む必要があります。 それは非常に人間関係に焦点を当てた取り組みであり、組織行動は促進の要です。

人的資源戦略に影響を与える

ビジネスリーダーは、従業員の複雑な性質と他者との相互関係を研究することにより、人的資本の価値を高めることができます。 そのような研究が提供する洞察は、特に最近の調査結果が ワークライフバランスの崩壊 (在宅勤務の従業員が増えたため)。 人材育成担当者は、より多くのサポートを必要としている苦労しているグループを特定し、(従業員に独自に適した)動機付けツールを適用して、職場での経験を向上させることでパフォーマンスを向上させることができます。

紛争解決

積極的なビジネスリーダーは、問題が本格的な対立に発展する前に、問題を芽生えさせます。 組織行動を測定することは、従業員が仲間のチームメートや経営陣と問題を抱えている場所と理由を特定することにより、予防的な紛争解決に役立ちます。 行動のダイナミクスは、問題の原因を理解し、その経過を予測し、問題がエスカレートする前に潜在的な結果を回避するのに役立ちます。

アップラッピング

組織行動の研究と適用の背後にある中心的な概念は、幸せで生産的な労働力が組織の成功につながるという確実性です。 行動/社会科学と心理学を大いに利用して、組織行動は、パフォーマンス指向の労働力を促進するために人間中心のアプローチを取ります。 そのため、組織行動とそれが重要である理由を深く理解することは、ビジネスリーダーが従業員の有効性を高めるのに役立ちます。

最終更新日27年2021月XNUMX日