運用パフォーマンスを改善するための6つの戦略

世界 COVID-19パンデミック その後の経済危機は、世界中の企業の生産性と運営に深刻な影響を及ぼしました。

そのため、ビジネスリーダーは、生産のタイムラインを達成するためにコスト、時間、およびリソースを最適化しながら、従業員を成功に導く戦略の実装についてこれまで以上に積極的に取り組む必要があります。 これと他の望ましい結果を達成するための最良の方法は、実証済みの戦略を実装することです 運用効率の向上.

組織の運用効率を改善すると、フロントエンドとバックエンドの両方のビジネスプロセス(生産と流通からマーケティングと販売まで)がスムーズに実行され、これらのプロセスを正常に実行するために必要な時間とリソースが最適化されます。

組織がへの移行に対応するための措置を講じている ハイブリッドワークアレンジメント サプライチェーンの問題に対処するため、運用効率はこれまで以上に重要になっています。 ビジネスプロセスの改善を促進し、無駄/生産性の問題を減らすことに加えて、より高いレベルの運用効率は顧客/にプラスの影響を与えます従業員の満足度.

ただし、運用効率を向上させることは、公園を散歩することではありません。 これらのメリットを享受しようとしているビジネスリーダーを支援するために、運用パフォーマンスを改善するためのXNUMXつの戦略を見てみましょう。

1.適切なテクノロジーに投資する

の出現以来 第4次産業革命モノのインターネット、テクノロジーは、望ましい組織の成果を達成するために同義であり、不可欠になっています。 適切なテクノロジーツールにより、財務、調達、在庫管理、サプライチェーンシステム、管理業務、およびその他のビジネスプロセスに関する正確なリアルタイムデータにシームレスにアクセスできます。

このようなツールは、ビジネスリーダーが予算内にとどまり、生産のタイムラインを維持し、ビジネスプロセスを合理化すると同時に、オフィス内、リモート、およびハイブリッドの従業員を効果的に管理するのに役立ちます。 これは、より高いレベルの運用効率につながります。

2.自動化を採用する

パンデミックは、世界中のサプライチェーンプロセスを混乱させました。 経済活動は徐々に正常な状態に戻りつつありますが、多くの企業は、業界や市場を混乱させる力に直面して、競争力を維持するのに苦労しています。

繰り返し可能な作業と日常の活動を自動化することは、全体的な運用効率を向上させるための優れた方法です。 これにより、活動がスピードアップするだけでなく、労働者が日常的な管理業務を行う必要がなくなります。 これにより、顧客ケアや注文処理など、より付加価値の高い作業に集中できるようになります。

また、タスクを自動化するプロセスでは、ビジネスリーダーが内部プロセスを全体的に理解、文書化、分析、およびレビューする必要があります。これにより、補助的なメリットがもたらされ、運用効率の達成に向けた道のりがスピードアップします。

3.継続的なトレーニングとスキルアップの機会を提供する

組織が運用効率を向上させるのに役立つもうXNUMXつの実証済みの戦略は、継続的なトレーニングとスキルアップの機会を従業員に提供することです。 熟練した従業員がいなければ、許容できるレベルの運用効率を達成できる組織はありません。 業界のベストプラクティスについて労働者を教育し、革新的なプロセス、システム、およびテクノロジーについて訓練を受けることは、将来を見据えた企業にとって常に必要です。

最近のハイブリッド作業への移行により、世界中の組織に幅広い人材プールが開かれました。 キャリア開発のリソースやプログラムを提供し、従業員の成長に既得権を示している企業は、優秀な人材を引き付けて維持することに関して先導するでしょう。 さらに、ハイブリッド作業では、ビジネスリーダーがチームの作業方法を変更し、適切な展開を行う必要があります テクノロジーツール 〜へ コラボレーションを確保する 地理的に分散したチーム間。 社内およびリモートの従業員をトレーニングして、デジタルチャネル、場所、およびタイムライン全体でシームレスに作業することは、運用パフォーマンスを戦略的に改善する確実な方法です。

4.反復、測定、繰り返し

システムと運用手順に対する主要な組織変更は、多くの場合、生産性を低下させたり、低下させたりする可能性があります 従業員の士気特に、そのような変更の実装が速すぎる場合、またはそれらをサポートするデータがほとんどない場合。 従来のビジネスプロセスのオーバーホールまたは変更が、パフォーマンスの品質、成果物、および生産時間にどの程度影響するかを知るのは難しい場合があります。

知識豊富なビジネスリーダーは、ビジネスプロセスに大きな変更を加えるのではなく、データを使用して最初に小規模な変更を導入し、その影響を分析し、結果を監視し、必要に応じて変更を加えて、望ましい結果をもたらす最適な戦略を確保します。 もちろん、パンデミックの際にリモートワークへの急速な移行で見たように、悪影響を回避するために大きな変更を迅速に行う必要がある場合があります。

例えば、a 多国籍専門サービスおよび不動産投資会社 2020年のCOVID-19の大流行に対応して、迅速かつ予期せずにリモートワークに移行することを余儀なくされました。 このような大きな変化の悪影響を制限するために、同社は 職場分析 組織とその従業員に対するリモートワークの影響を理解し、安全で最終的に物理的なオフィスに戻るためのデータ主導の計画を作成するのに役立ちます。

5.適切な指標を測定する

適切なメトリックを測定および追跡することは、運用パフォーマンスの向上に向けた戦略の有効性をテストするための優れた方法です。 組織の現在のパフォーマンスをベンチマークと比較することで、ビジネスリーダーは、組織がどこまで進んだかを確認し、成功につながるパターンや傾向を発見し、さらに改善が必要な領域を特定しやすくなります。

また、消費者と従業員のフィードバックから得られた洞察を分析して実装することは、将来の運用改善戦略を導くのに役立ちます。 上記はで行うことができます 職場分析ソフトウェア これは、組織に対する変更、決定、またはイニシアチブの影響を監視し、ビジネスと従業員の両方に利益をもたらす継続的なデータ主導の改善を行うのに役立ちます。 職場分析は、経営陣、人事、職場の意思決定に迅速かつ確実に情報を提供することにより、企業がより良い組織の成果を推進するのに役立ちます。

6.職場のコラボレーションと士気を向上させる

ビジネスリーダーにとって、定量的な指標の分析、プロセスの合理化、運用効率の向上に向けた新しいテクノロジーの導入に迷うことは簡単です。 しかし、職場の士気を高め、 効果的なコラボレーションの文化、および個々の従業員間およびチーム間の強力な関係を促進することは、運用および組織の効率を向上させるための優れた方法です。 適切に訓練され、インセンティブを与えられた従業員は、仕事に非常に従事しており、スケジュール内にタスクを完了する可能性が高くなります。 また、満足し、生産性が高く、熱心な長期従業員がいることで、運用効率化イニシアチブの長期的な成功を確実にすることができます。

アップラッピング

運用効率を改善するには、組織プロセスの改善、プロセスの更新、事業運営の調整、テクノロジーのアップグレード、および従業員のスキルアップに向けた戦略的アプローチが必要です。 上記の目標は、カイゼンを達成することです。これは、生産性を高め、望ましいビジネス目標を達成するために、これらすべての側面を継続的に段階的に改善することです。

運用効率の改善は、一度限りのイニシアチブではなく、人、プロセス、テクノロジー、および財務を最適化する継続的なプロセスであることに注意することが重要です。 このようなアプローチは、(コストを削減し、生産レベルを上げることによって)量的な利益と質的な利益(より高い顧客満足度と非常に熱心な労働力)の両方をもたらします。

最終更新日23年2022月XNUMX日