職場でのチーム間のコラボレーションを改善する5つの方法

ほとんどのリーダーは、部門の枠を超えたチームコラボレーションの重要性を理解していますが、それは多くの組織にとって依然として大きな課題です。 さまざまな部門(営業、IT、HR、開発、ロジスティクスなど)とバックグラウンドの従業員を集めてプロジェクトを完了し、イノベーションを推進することには、独自の利点とハードルがあります。

従業員とチームは、特定の方法での作業、コミュニケーション、およびコラボレーションに慣れていることがよくあります。 彼らがクロスファンクショナルチームの一員になり、プロジェクトの目的を達成するためにギアと行動をシフトしなければならないとき、それは不快な経験になる可能性があります。 これらの問題を解決し、十分に油を塗ったマシンのように機能する部門横断的なチームを編成することは困難な作業になる可能性があり、ハイブリッドおよびリモートのワークスタイルの採用はさらに複雑になります。

チーム間のコラボレーションを改善する従来の方法は、歴史的に対面での作業設定に関連付けられてきました。 リモートワークと ハイブリッド作業環境、ビジネスリーダーは、物理的なワークスペースでチーム間のコラボレーションを促進する必要があるだけでなく、仮想的にもそうする必要があります。 これらの課題に効果的に対処するために、職場でのチーム間のコラボレーションを改善するために使用できるXNUMXつの方法を調べてみましょう。

1.リーダーシップの賛同とサポートを確保する

A ハーバードビジネスレビュー調査 クロスファンクショナルチームの75%は、次の基準の一部またはすべてを満たしていないため、機能不全になっていることがわかります。

  • 会社の企業目標との整合性を維持する
  • 顧客の期待に応える
  • 仕様の遵守
  • スケジュールを守る
  • 計画された予算を満たす

反対に、レポートは、チーム間のプロジェクトが、さまざまな部門のリーダーのチームまたは高レベルの幹部によって主導されている場合、76%の成功率を享受していることも示しています。 これらの調査結果は、チーム間のコラボレーションと組織の全体的な成功に関して、トップダウンでリードすることの重要性を強調しています。

リーダーシップの行動と例は、クロスファンクショナルチームが目標と目的を達成する能力に大きな影響を及ぼします。 そのため、組織は、管理がチームメンバーに表示され、透過的で、アクセス可能であることを確認する必要があります。

リーダーがすべてのチーム会議に出席することは現実的ではありませんが、高レベルの進捗会議、戦略セッション、および毎週/毎月のプロジェクトステータスレポートにリーダーが出席することが不可欠です。 また、チーム間のメンバーがリーダーとのシームレスなコミュニケーションを促進するために活用できるように、さまざまなコミュニケーションチャネルを利用できるようにする必要があります。

2.報酬チームの成果とプロジェクトのマイルストーンの祝福

チームのエネルギー、興奮、コミットメントは通常、新しいプロジェクトの立ち上げ時に高くなりますが、時間の経過とともにそのような勢いを維持することは困難になります。 チームメンバーは、プロジェクトを完了するために必要な日々の苦労や課題に直面すると、意欲を失い、チーム間の勢いを弱める可能性があります。

ビジネスリーダーは、プロジェクトのマイルストーンを認識し、チームの成果に報いることで、チームメンバーに楽しみを与えることで、チーム間のコラボレーションを刺激し、後押しすることができます。 経営陣からの表彰は大歓迎ですが、同僚が自分たちの努力を認めて称賛することで、従業員はより感謝されていると感じます。 仲間の認識は強力な動機付け要因であり、より強い絆を築き、チームメンバー間の親善を促進し、チーム間のコラボレーションを促進するのに役立ちます。

3.チームメンバー間の信頼関係を構築する

信頼はの不可欠な要素です 高性能チーム。 このような信頼関係を築くには、チーム間のメンバーが一緒に時間を過ごしてお互いを知り、さまざまな状況で有意義な友情を築く必要があります。 これを達成するために(物理的なオフィス環境で)いくつかの戦略を使用できますが、今日のリモートワークのセットアップでは、HR担当者が既成概念にとらわれずに考える必要があります。 チーム間の結合を強化し、チーム間の信頼を構築するために使用できるいくつかの戦略は次のとおりです。

  • オンラインソーシャルイベントを主催し、チームメンバーに絆を促進するバーチャルリアリティゲームをプレイするように勧めます
  • HDビデオ会議ソリューションを使用して、リモートのチームメンバーが互いに顔を合わせて通信できるようにし、同じ部屋にいるような印象を与えます。

4.チームの目標と目的を明確に概説する

チーム間の協力者がお互いを知り、信頼関係を築いたら、 チーム憲章 チームの目的と全体的な目標、および指定された目的を達成するために個々のメンバーが果たす役割の概要を説明します。 憲章には以下を含める必要があります。

  • 目的
  • 使命と目的
  • チームの役割
  • 期待
  • 予算とリソース
  • 予定表

チームメンバーは、全体的な目的とそれを実現するための自分の役割(および他のチームメンバーの役割)を理解すると、組織の目標とより一致していると感じ、より効果的にコラボレーションできます。

5.リモート、ハイブリッド、およびオフィス内の従業員向けの非公式のコミュニケーションハブをセットアップする

コミュニケーションの一元化は、 チームコラボレーションの促進。 専用スペースを確保し、「常時接続」のビデオポータルを装備することで、オフィスのチームメンバーとリモートの従業員が共有の勤務時間中にコミュニケーションできるようにすることで、友情を育むことができます。 対面、リモート、ハイブリッドのいずれの場合でも、チームメンバーが互いに非公式にコミュニケーションを取り、即席の会議を開くことができる環境を作成します。これは、自発的なコラボレーションを通じてイノベーションを促進するのに大いに役立つXNUMXつの要素です。

アップラッピング

真のチーム間のコラボレーションは、ソフトウェアよりも関係者に関するものですが、適切なソリューションとツールを導入することで、有意義な影響を与えることができます。 リモート作業とハイブリッド作業の人気が高まっている世界では、組織は、コミュニケーションを促進し、サイロを解体してチームワークを簡素化することでチーム間のコラボレーションを強化するソフトウェアを必要としています。 オフィスに残っている人にとっては、ツールを活用することも同様に重要です。 効果的なコラボレーションを促進するワークスペースデザイン チーム間でも直接会ってください。

最も重要なことは、リーダーは権利を活用しなければならない データと分析 行動パターンとチームコラボレーションがビジネスの成果にどのように影響するかを理解する。 これらの洞察を正しく倫理的に使用することで、ビジネスリーダーや人事担当者が最も必要とされるチーム間のコラボレーションを改善する潜在的な機会を明らかにすることができます。 何が機能していて何が機能していないかを明らかにすることで、組織は継続的な改善を行い、シームレスなコラボレーションを促進し、従業員の経験とチームの生産性の両方を最大化できます。

最終更新日23年2021月XNUMX日