職場体験とコラボレーションを改善するための鍵

職場でのコラボレーションは、何十年にもわたってあらゆるタイプのビジネスで不可欠であり、COVID-19パンデミックの出現以来重要性が増してきました。 世界は劇的に変化し、分散した労働力と リモート 影響により ハイブリッド作業環境 企業と従業員は新しい形のコミュニケーションに適応することを余儀なくされています。 調査によると、 現代の労働者の83% 他の人と協力するためにテクノロジーの使用を必要とします。 デジタルツールは、世界中の業界にわたる複雑なコラボレーションイニシアチブの不可欠なコンポーネントになっています。

この投稿では、企業が育成するために実行できるいくつかの実証済みのアクションについて説明します。 職場でのより大きなコラボレーション。 あらゆるビジネス環境や職場文化に適応できる戦略の組み合わせを見つけることができます。 これらの提案の中で重要なテーマは、継続的な改善への取り組みと従業員の声に耳を傾けることです。 従業員は、コラボレーションの改善から恩恵を受けるだけでなく、それを実現するための最良のアイデアをいくつか持っていることがよくあります。

開放性と透明性のある環境を作る

従業員間の信頼を築くための実証済みの方法は、 透明性を優先する。 これは、リモートおよびハイブリッドの職場で特に今日当てはまります。 従業員は、いくつかの職場のコミュニケーションツールにアクセスし、組織のすべてのレベルのリーダーからの定期的な更新を表示する機会を持っている必要があります。 オープンな文化はまた、リーダーシップがチームメンバー間の積極的かつ効果的なコラボレーションを促進するための理想的な行動を明確に示すのに役立ちます。

透明性の高い職場環境により、従業員は自由にアイデアを共有し、お互いから学ぶことができます。 これにより、イノベーションと問題解決が向上するだけでなく、 高性能チームビルディング。 透明性は、従業員が質問をしたり、計画に自分のアイデアを提供したりする十分な機会を持つ必要がある目標設定プロセスでも重要です。

共有会社のビジョンを推進する

企業の使命とビジョンは、事業全体を構築するための基盤です。 説得力のあるビジョンを開発するだけでなく、会社の文化が進化するにつれて、このビジョンを時間の経過とともに洗練することも重要です。 ほとんどの従業員は、次のような使命とビジョンに前向きに対応します。 彼らと共鳴する。 人々は、会社、社会、または環境にとって真の意味を持つ全体的な目標に沿って、最善の仕事に貢献することを望んでいます。 また、従業員は、共通の目的で協力する機会があると、会社の大切なメンバーのように感じる可能性が高くなります。

コラボレーションのためのデザインスペースとプロセス

組織のコラボレーション慣行に投資する企業は、パフォーマンスの高いチームを育成する可能性がはるかに高くなります。 これらのプロセスは革新的であり、既存の企業文化や行動規範と一致している場合にのみ成功するため、これは多くの企業にとって大きな課題となる可能性があります。 とともに 共有ワークスペースの増加、また、COVIDの課題に対処する作業プロセスを設計する絶好の機会であると同時に、従業員がコミュニティエリア、会議室、または仮想的に安全に集まるために多大な労力を費やす必要がないようにします。 従業員のニーズに対応するのに十分なプライベートスペースも必要です。 ただし、ビジネスリーダーは、組織に適した環境を設計するために、従業員がどのように機能し、最善のコラボレーションを行うかを理解することが重要です。

たとえば、 多国籍エネルギー企業 Humanyze Organizational HealthPlatform™を活用して、効果的なコラボレーションをサポートするためにチームが正しく配置されているかどうか、および従業員が適切な人々とコラボレーションしているかどうかを判断しました。 カレンダー、電子メール、Skypeなどからデータを収集して分析した後、会社はデータに基づいた意思決定を行い、従業員とビジネスの両方に最良の結果をもたらすことができました。 同社は引き続きHumanyzeを利用して、会議に費やす時間の短縮やチームの場所の改善などの要因がワークライフバランスに与える影響、およびこれらの要因やその他の要因が使用を最適化しながらより良い企業文化を育む方法を継続的に検証および予測しています。商業用不動産スペースの。

目標と人間関係を尊重するリーダーを育成する

企業は、パフォーマンスの向上を求めて、ソフトスキルを十分に重視することなく、業績に基づいて個人をリーダーシップの地位に簡単に昇進させることができます。 リーダーシップの行動は、公式の企業価値ステートメントに何を書いているかに関係なく、会社の真の価値を決定します。 独自の視点を表し、緊密なコラボレーションの必要性を評価するリーダーの多様な組み合わせを選択することが重要です。 これらの従業員は、多くの場合、目標への焦点とリーダーシップスタイルへの関係指向のアプローチを組み合わせた優れたチームビルダーです。 従業員は、本物の質問をし、これらの個々の関係を構築するために時間をかけるリーダーに前向きに反応することがよくあります。

従業員の成功にデータベースのアプローチを取る

歴史的に、変更イニシアチブの管理は、努力と結果の間に明確な相関関係がなければ困難でした。 企業が従業員の行動とチームのダイナミクスについてより深く理解するのに役立ついくつかの新しいツールが作成されました。 そのような技術のXNUMXつは 行動分析、そしてそれはコラボレーションイニシアチブに大きな勢いを与えることができます。 これらのソリューションは、生産性、エンゲージメント、およびその他のパフォーマンス指標に関連するデータを編集し、貴重なコラボレーションメトリックを提供して、リーダーがコラボレーションをサポートするデータ主導の意思決定を行えるようにします。

たとえば、 ある国際的な製薬会社 レバレッジ Humanyze OrganizationalHealthPlatform™ チーム間の重大なパフォーマンスギャップの原因となる根本的な原因を特定します。 コミュニケーションパターンを特定し、そのデータを従業員の調査、オフィスのレイアウト、チームの人口統計と比較することで、会社は同僚とより多く交流した従業員がより幸せで、より積極的で、より生産的であることを発見しました。 注目されたもうXNUMXつの傾向は、会社での在職期間が長い従業員のエネルギーと生産性の低下でした。 これらの課題に対処するために、同社は在職中の従業員とジュニアパートナーをペアにし、チームメンバー間の相互作用を促進するために毎月のチームビルディング活動を実施し、新しい文化構築プログラムを数か月テストした後、それに沿ってパフォーマンスの低いチームのパフォーマンスを向上させましたパフォーマンスの高いチームの

企業文化を変えることは大変な作業であり、今日のリーダーは、従業員と関わり、より大きなコラボレーションを促進するための独自の方法を見つける必要があります。 多くの場合、成功は 世界クラスの人材戦略の開発 自分のスタッフから貴重な洞察を収集します。 コラボレーションを最優先することで、従業員は、組織全体であなたが行っているすべての人の作業体験を改善するための努力を認識することができます。

最終更新日26年2021月XNUMX日