職場での効果的なコラボレーションの6つの優れた例

組織は、個人としてだけでなく、チームとしても従業員に依存する必要があります。 リモートまたは ハイブリッドワーク チームを物理的に分割した可能性がありますが、作業には依然としてほぼ一定のコラボレーションが必要である可能性があります。

実際、従業員は平均して 50% 他の人と協力している彼らの就業日の。 しかし、チームのコラボレーションにおけるXNUMXつの弱いリンクは、誤解や混乱を引き起こす可能性があります。 そのため、効果的なコラボレーションが非常に重要です。

6従業員のコラボレーションの例

チームが協力するとき、彼らは目標を達成するために一緒に働いています。 今日、それは通常、リアルタイムと非同期の両方で、テクノロジーの支援を受けて行われます。

コラボレーションは必要なソフトスキルです、しかしそれについてあなたのチームを指導するのは難しいかもしれません。 時々、学ぶための最良の方法は例を通してです。 職場での効果的なコラボレーションのこれら6つの例を確認して、現代の従業員がどのように協力してより良い仕事をすることができるかを理解してください。

ドキュメントの共有

クラウドベースの作業は、コラボレーションの未来です。 83% コラボレーションをテクノロジーに依存している従業員の割合は、チームが共同で作業できる最も効果的な方法のXNUMXつは、ドキュメントの共有です。

のようなツール Googleドライブ 影響により Dropboxの紙 チームが同じコンテンツでリアルタイムに共同作業できるようにします。 一部のプロジェクト管理ツールは、他の機能に加えて、ファイルをリアルタイムで共同作業する機能も提供します。 ドキュメント共有により、リモートチームでも、まるで同じ部屋にいるかのように共同作業を行うことができます。 変更をリアルタイムで簡単に確認したり、テキストを編集したり、コメントを残したり、アクセス許可を管理したりすることもできます。

タスク管理

従業員がタスクを遂行するためにお互いに依存している場合、透過的なクラウドベースのプラットフォームで自分のやることを追跡することが重要です。 のようなプロジェクト管理ツール 月曜日, Trello, アーサナ チームがコラボレーションに適したワークフロー、タスク、およびプロジェクトを作成できるようにします。

同僚のタスクの進捗状況について疑問に思う代わりに、従業員はPMソフトウェアを使用して、質問をしたり、ファイルを共有したり、情報を見つけたりすることができます。 タスクの依存関係を作成することもできるため、誰がいつどのタスクを担当するかが明確になります。 管理者は、PMツールを参照して、チームが取り組んでいることを確認し、摩擦点を特定することもできます。

とにかく、効果的にコラボレーションするには、チームもお互いを信頼する必要があります。 欧州の銀行 チームがお互いに交流する時間がなかったとき、彼らは協力するのに必要な信頼を持っていなかったことに気づきました。 物理的なスペースを再設計し、コラボレーションの文化を変えることで、銀行は業績の悪い場所での売上を11%改善しました。

ビデオ会議

会議は生産性のブラックホールになる可能性があります。 ただし、コラボレーションの方法を知っているチームは、非常に効率的な会議を行うことができます。 これは組織ごとに異なりますが、共同会議は次のようになります。

  • 議事録を作成し、電話の前後に全員と共有します。
  • ファシリテーター、タイムキーパー、タスクマスターなど、通話を軌道に乗せるための役割を割り当てます。
  • のようなクラウドフレンドリーなツールによる効率的なスケジューリング カレンダーに.

ピアトレーニング

コラボレーションチーム お互いに成功したい。 そのため、コラボレーションチームがテクノロジーとプロセスについて互いに指導し合うことは珍しくありません。 たとえば、新しいPMツールに切り替えて、一部の従業員が苦労している場合、他の従業員がそのツールを指導できます。

ビジュアルブレーンストーミング

XNUMXつの頭がXNUMXつよりも優れています。そのため、コラボレーションチームは、仮想的にまたは直接、新しいアイデアをブレインストーミングするために頻繁に集まります。 しかし、ほとんどのコラボレーションチームは、アイデアについて単にチャットするのではなく、通常、アイデアも視覚化します。

実際には、 60% 書面によるリスト、掲示板、付箋のいずれの形式であっても、多くの従業員が視覚的に共同作業を行います。 たとえば、社内チームは、ホワイトボードと付箋を使ってブレインストーミングを行うことを好む場合があります。 これは、触覚と視覚の学習者のチームがある場合に特に役立ちます。 しかし、ハイブリッドチームやリモートチームの場合、 ミロ 効果的です。 これにより、チームは後でアイデアを保存して新しいボードを作成できます。これは、新しいアイデアを繰り返すのに最適です。

クロスファンクショナルチーム

仕事の未来はそれほどサイロ化されません。 そのため、より多くの組織が投資しています クロスファンクショナルチーム。 マーケティング、営業、IT、経理、顧客サービスを別々の部門に隔離する代わりに、部門の枠を超えたチームがさまざまな部門のメンバーを集めます。 チームがどのように運営されるかについてのプロセスが整っている限り、これはより多くの経験とより少ない死角を持つチームを形成するための素晴らしい方法です。

多国籍テクノロジー企業 クロスファンクショナルチームの力を直接実感しました。 同社は Humanyzeプラットフォーム 従業員データを分析し、チームをまとめる方法を特定します。 同社は文化と物理的なワークスペースを変更し、部門間のコラボレーションを優先できるようにしました。

アップラッピング

私たちの働き方は一変しました。つまり、従業員のコラボレーションの仕方も変わります。 業界、ニッチ、または顧客に関係なく、組織にはコラボレーションスキルを持つ従業員が必要です。 結局のところ、あなたの組織では何も起こりません。 ただし、コラボレーションは依然として複雑になる可能性があるため、組織がチームワークを意図的に計画することが重要です。 自分の組織のモデルとして、効果的なコラボレーションの6つの優れた例に従ってください。

最終更新日30年2021月XNUMX日