組織の有効性に関するビジネスリーダーのガイド

COVID-19パンデミックの出現以来、組織の有効性はますます重要なトピックになっています。 旅行、消費者行動、および作業プロセスにおける前例のない混乱は、世界中の企業がリーダーシップと変更管理への現在のアプローチを再考するための推進力であることが証明されています。 その結果、多くの企業が、今日の複雑で変化する状況において組織の有効性が何を意味するかを評価しています。

経営コンサルティング会社のマッキンゼーは、37の側面にわたって企業の能力を定義しようとするOrganizational Health Index(OHI)を開発しました。 最近の調査で、マッキンゼーは、ビジネスの最上位層、つまり最も効果的なビジネスが生成されていることを発見しました XNUMX倍の株主還元 平均的な企業と比較して。 組織の有効性フレームワークは、組織を成功に導くことにより、最高の業績を上げている企業が戦略的利点を開発および保護する方法についての貴重なコンテキストとガイダンスを提供します。

しかし、「効果的」とはどういう意味ですか? このガイドでは、ビジネスリーダーの観点から、組織の有効性のさまざまな側面を確認します。 リーダーシップは、より大きな価値を追加し、パフォーマンスを向上させる方法で組織に影響を与えるという任務を負っていますが、これは非常に複雑になる可能性があります。 組織の有効性の定義、モデル、ベストプラクティス、およびビジネスとそのリーダーが変更イニシアチブを正常に実装する方法について説明します。 また、今日の複雑なビジネス環境における組織の有効性に関する独自の調査を導くために役立つリソースと情報もいくつかあります。

組織の有効性に関するこのガイドでは、以下について説明します。

組織の有効性の定義

ラップトップを使用して共同作業するXNUMX人のチームメンバー

組織の有効性とは 目標を達成するための会社の能力 従業員、プロセス、およびインフラストラクチャを開発している間。 組織の有効性の単一の包括的な定義はありません。これは主に、各組織が非常にユニークであり、さまざまなコンテキストで調整されたアプローチが必要になることが多いためです。 各ビジネスは成功への独自の道を決定する必要がありますが、考慮すべきいくつかの重要な領域があります。

  • 目標の設定。 組織の有効性を考えるときに最初に頭に浮かぶことのXNUMXつは、目標設定です。 戦略的管理はそれ自体が複雑なトピックです。 とは言うものの、有効性の向上を目指す企業のリーダーは、社内プロセスを詳しく調べることで利益を得ることができます。 企業が目標を設定し、パフォーマンスを測定し、リソースを管理する方法はすべて、企業の成功に重要な役割を果たします。
  • コアコンピタンス。 組織の有効性のもうXNUMXつの重要な要素は、能力、個性、才能を適切に組み合わせた組織を開発する能力です。 目標を達成したものの、強力な競争優位性を確立できなかった企業は、競争や予期せぬ市況により事業が縮小する可能性があります。 企業文化 はどの企業にとっても重要な要素であり、組織が連携するための明確で意味のある価値観を開発することが重要です。
  • 組織構造。 企業は長期的な目標に沿って組織化する必要があるとよく言われます。 言い換えれば、形態は機能に従うべきです。 効果的な組織は、さまざまな従業員やグループのつながりの重要性を理解し、次のことができる必要があります。 場所、部門、チーム間で作業を調整する。 組織開発と変更管理は、人材育成と企業のリーダーシップにとって重要な考慮事項です。

組織の有効性モデル

組織の有効性モデルについてプレゼンテーションを行うXNUMX人のチームメンバー

会社のリーダーは、プロセス、目標、およびリソースについて常に考えています。 緊急の要求への対応と徹底的な対応の間には、しばしば微妙なバランスがあります。 未来への準備。 企業が組織の有効性を高める方法をよりよく理解するには、今日専門家や実務家が使用している人気のあるモデルを検討することが役立ちます。 これらのモデルはそれぞれ、 組織の有効性を理解するための有用なフレームワーク、改善計画の作成、および結果の測定。

組織システムモデル

組織の有効性に関するこのモデルは、戦略的管理の基礎として会社の構造を使用します。 事業構造と運営の多くの側面が何十年にもわたって実施されてきたため、これは、しばらくの間労働力に従事してきたリーダーにとって非常に馴染みのあるフレームワークです。 このモデルでは、ビジネスは次のコンポーネントに分類されます。

  • 戦略 –目標とコミュニケーション計画を組み合わせた、会社の使命、ビジョン、および価値観。
  • 入力 –人、設備、材料、および財政。
  • パフォーマンス能力 –従業員の慣行、予算編成、および一般的な職場プロセスの設計。
  • パフォーマンスアクション –製品開発など、期待される成果を達成するために企業が実行する特定の活動。
  • 出力 –その努力の結果として会社が達成したこと(製品、サービスなど)。
  • 成果 - 会社の行動の影響 関係者(従業員、顧客、パートナー)の生活について。
  • フィードバック –将来の戦略を改善するために、会社が達成したことからどのように学ぶか。

組織システムモデルの最も重要な側面は、それが反復的で継続的なループであり、時間の経過とともに継続的な改善と最適化を可能にするという事実です。 リーダーシップにとって、意思決定と業績管理にどのように情報を提供できるかを定期的に熟考することは非常に重要です。

体験学習モデル

このモデルは個人に焦点を当てており、パフォーマンスを向上させる最善の方法は、仕事からの重要な学習をすぐに適用することであることを示唆しています。 デビッドコルブの作品から適応、それは含まれています XNUMXつの個別のコンポーネント、経験、考察、概念開発、およびテストを含みます。 このフレームワークは、HR、リーダー、および個々の従業員が学習の仕組みをよりよく理解するために使用できます。

モデルを実行して学ぶ

Learn by Doing Modelは、振り返りではなく、やりがいのあるプロジェクトへのスキルの適用に重点を置いています。 個人および組織の有効性は、困難な課題に直面し、それらを克服することによって開発できます。 チームビルディング、ニーズ評価、職務遂行能力測定などの機能は特に重要です。

DAPIMモデル

世界 アメリカ公共ヒューマンサービス協会(APHSA) は、組織の有効性を促進するためのベンチマークとしてこのモデルを開発しました。 頭字語のDAPIMは、プロセスで概説されているXNUMXつのステップを表しています。 これは、合理的な範囲と効果的な計画を定義するのに役立つ優れた変更管理構造です。 XNUMXつのステップは次のとおりです。

  • 定義する –改善する特定の組織の品質を選択する。
  • 分析 –現在の望ましい状態の概要。
  • 計画 –短期および長期の改善計画を作成します。
  • 実装する –望ましい改善を達成するための行動を取る。
  • モニター –パフォーマンスの追跡と計画の改善。

これらのXNUMXつのモデルを合わせると、企業全体の有効性を向上させる目的で、変更管理に関連する同じ基本的な仕組みをさまざまな方法で見ることができます。 ビジネスリーダーとして、組織は複雑であるため、改善計画は会社全体のコンテキストで理解する必要があることを覚えておく必要があります。

組織の有効性に対するリーダーシップの責任

チーム会議中に会議テーブルの先頭に立っているビジネスリーダー

リーダーは組織内のどこからでも来ることができるのは事実ですが、持つことができるいくつかの重要な役割があります 組織の有効性への大きな影響。 一部の企業には、これらすべてのポジションを作成する能力やリソースがない場合がありますが、主要な役割のこれらの説明は、自分のチームの責任を定義する方法を理解するための有用なガイドを提供します。

人材

人事は、企業のコミュニケーション、従業員の経験、および業績管理を促進するための主要な部門として、組織の有効性において中心的な役割を果たします。 特に今日、企業の業績と改善のために必要な変更をよりよく理解するために使用できるデジタルツールがいくつかあります。 一例は Humanyzeの組織の健康スコア (OHS)は、HRの専門家と企業のリーダーシップに直接アクセスできるようにします 組織の有効性に関するデータベースの洞察.

ビジネスリーダーシップ

組織は通常、個別のビジネス機能を中心に構成されています。 ビジネスユニットのリーダーは、多くのリソースを管理し、自分のチームや部門内の有効性を向上させ、さまざまなチームや部門間で必要なコラボレーションを推進するのに理想的な立場にあります。 会社全体で相乗効果を生み出し、関与させるXNUMXつの方法は、変更イニシアチブを分割し、各グループまたは部門に計画の関連部分を開発および実行させることです。

従業員エクスペリエンスマネージャー

多くの企業がカスタマーエクスペリエンスリソースに投資していますが、 従業員の経験 同様に重要です。 卓越した従業員の経験が向上するだけでなく 従業員の定着 影響により 婚約、しかしそれも パフォーマンスを強化します 従業員が期待を超える意欲を持っているため、顧客満足度の向上に貢献します。

データシステムと従来のHRリソースに加えて、企業は従業員のエクスペリエンスの向上に専念する役割を作成し始めています。 パフォーマンスの障壁を取り除き、インセンティブやその他の具体的なメリットを最適化することで、従業員の経験マネージャーは、組織のパフォーマンスに間接的ではあるが重大な影響を与えることができます。

チェンジマネージャー

この役割は、既存の部門構造とチームダイナミクスに満足するようになった大規模な組織では特に重要です。 変更管理者は、多くの場合、ビジネスプロセスに新鮮な外部の視点をもたらすことができ、多くの企業は、特に予期しないまたは前例のない変更の期間中に、変更管理コンサルタントの助けを求めます。 たとえば、COVID-19のパンデミックにより、世界中の企業は、サプライチェーンの混乱、市場の変化、政府の閉鎖命令に適応するために、運用プロセス、手順、さらには作業場所をほぼ一晩でシフトする必要があり、企業は突然リモートワークにシフトする必要がありました。 。

専任の役割に人材を採用する場合でも、既存のチームメンバーにこれらの責任を割り当てる場合でも、組織の有効性向上計画に対して明確な役割と責任を定義することが重要です。

組織の有効性の測定

組織の有効性データを確認するXNUMX人のチームメンバー

組織の有効性を測定する単一のメトリックはありません。一緒にペイントする一連の測定を開発することが重要です。 会社の健康の全体像。 組織全体のヘルススコアは、社内で何が起こっているかを理解するのに役立つより詳細な測定値とともに、全体的な進捗状況のベンチマークとして使用できます。

あなたができる最善のことのXNUMXつは、時間の経過とともに影響を与えたい先行指標と遅延指標を明確にすることです。 遅延指標は、企業または部門レベルでの出力に関連しており、次のものが含まれる場合があります。

  • 収入
  • プロジェクトのマイルストーン
  • 株価
  • 在庫回転率

より効果的な組織を開発する目的はより大きな成功を達成することであるため、これらの測定は重要な考慮事項です。 変更イニシアチブとこれらのメトリックの間には常に直接的な相関関係があるとは限りませんが、これらのメトリックを経時的に測定することで、いくつかの有用な洞察を得ることができる可能性があります。

先行指標は、作業の実行に伴う努力の感覚を与えるのに役立つため、必要です。 特定のビジネスや業界に最も関連性のある指標を収集できますが、これらは要点を説明するいくつかのアイデアです。

  • 提示されたピッチ
  • 送信された提案
  • 顧客からの電話

先行指標を定義するときは、遅れ指標に最大の影響を与えると予想される活動に焦点を当てることが役立つ場合があります。 測定が行われ、ベースラインが設定されると、時間の経過とともにパフォーマンスを監視できます。 これらの基本的な指標を他の従業員や組織のデータと組み合わせると、組織の有効性を向上させるための強力なデータ駆動型システムを作成できます。

たとえば、 ヨーロッパの大手銀行 300つのブランチ間でパフォーマンスの不一致が発生しており、パフォーマンスの違いにつながる原動力を特定したいと考えていました。 同様の事業構造と顧客セグメントを持っているにもかかわらず、一方の支店は一貫して他方をXNUMX%上回っていました。 銀行は HumanyzePlatform™ チームのコミュニケーションパターン、オフィス内の身体活動、およびその他の企業コミュニケーションデータを測定し、報酬と在職期間によってデータをセグメント化しました。

データを分析すると、パフォーマンスの高いブランチではXNUMX日を通して対面でのやり取りが大幅に増え、パフォーマンスの低いブランチにはチームコラボレーションや信頼を築くための同じ機会が与えられなかったことが明らかになりました。 オフィスのレイアウトデータを分析すると、パフォーマンスの低いブランチのオフィスレイアウトは、パフォーマンスの高いブランチのレイアウトと比較して、コミュニケーションパターンが制限され、コラボレーションの機会が限られていることが明らかになりました。

このデータを武器に、銀行は、オフィスレイアウトの再設計、グループパフォーマンスインセンティブの実装、チームビルディング活動への資金の割り当てなど、コラボレーションを改善するためのいくつかの措置を講じ、売上高を11%増加させました。

別のケースでは、 大手多国籍テクノロジー企業 HumanyzeのOrganizationalHealthPlatform™を活用して、組織の効率を改善し、従業員のエクスペリエンスを改善してチームのコラボレーションとパフォーマンスを向上させるデータ駆動型の方法を特定しました。 同社は、チームコラボレーション、世代間のギャップ、会議の文化、物理的なスペースの利用など、XNUMXつの主要な領域の測定に重点を置いていました。 データの分析により、いくつかの貴重な洞察が明らかになりました。

  • 近接性は、コラボレーションを促進する上で重要な要素でした。
  • 従業員は、60分未満の長さの会議に最も従事していました。
  • 対面でのコラボレーションは、パフォーマンスに大きな影響を与えました。
  • 若い世代の間でのデジタルツールの使用の増加は、さまざまな世代の従業員間のコラボレーションギャップの推進要因であった可能性があります。

同社は、効果がない可能性のある要因を特定できるだけでなく、ギャップを埋め、特定された問題を克服するように設計されたデータ主導のイニシアチブを実装することもできました。 さらに、同社は現在、組織の行動が戦略的変更によってどのように影響を受けるかを測定して、将来の意思決定に情報を提供する機能を備えています。

組織の有効性のベストプラクティス

オフィスでの成功を祝うチーム

組織の有効性改善計画を確認および作成する場合、これらのベストプラクティスが役立つ場合があります。 いつでも改善できる分野は何百もありますが、努力を集中することが重要です。 これらのXNUMXつの領域は、会社の業績において中心的な役割を果たしており、多くの場合、開始するのに最適な場所です。

  • 意思決定を改善する。 多くの場合、ビジネスの遅延は、コミュニケーションの誤り、承認プロセスの遅延、および不明確な手順の結果です。 変更管理を成功させるには、リーダーが部門や部門の枠を超えたチームの内部を調べて、意思決定がどのように行われ、他の人に伝達されるかを理解する必要があります。 意思決定の障壁を取り除くことは、多くの場合、有効性に劇的な影響を与える可能性があります。
  • 従業員の成長に焦点を当てる。 組織の有効性に関しては、従業員が最も重要な資産です。 今日見られる高度なデジタル化と自動化にもかかわらず、 会社の進歩を形作る重要な決定。 リーダーシップ開発、業績インセンティブ、および従業員教育のための強力なプログラムを開発することは、あなたの仕事の質を向上させるのに大いに役立つ可能性があります。
  • 戦略的優先事項を明確にする。 組織の戦略は、一連の目標や優先順位をはるかに超えています。 大手企業は、会社のすべてのレベルの従業員を巻き込むことにより、計画に費やされたハードワークを活用します。 作成、伝達、監視の方法 短期および長期の目標に向けて進歩する 多くの場合、成功と失敗の違いを意味します。
  • テクノロジーを活用する。 デジタルテクノロジーにより、大量のデータを理解して解釈する能力が大幅に向上しました。 確認するメトリックとデータの完全なセットがある場合、組織の有効性に影響を与えるのははるかに簡単です。 今日の人事およびビジネス管理プラットフォームは、リアルタイムデータを高度なメトリックおよびレポートと統合して、変更管理ツールの強力なスイートを作成します。

組織の有効性は、すべてのビジネスリーダーにとって最優先事項です。 組織内の進歩を促進するものを理解し、目標と目的を明確に定義し、測定する適切な指標を特定し、適切なテクノロジーを活用してデータ主導の意思決定を促進することが、今日の複雑なビジネス環境で組織の有効性を向上させるための鍵となります。

組織の有効性に関するさらなる読み物

組織の有効性に関する追加の洞察については、他のビジネスリーダーからの次のリソースを参照してください。

最終更新日16年2021月XNUMX日